様々な手続きが必要になる会社設立|費用も一緒に確認しよう

男性

法人設立のメリット

紙幣と電卓

法人設立での節税効果

飲食店や工務店などの個人事業主の多くは、個人事業の経営が安定してきた場合に、会社設立を検討します。個人事業を法人組織へ変更した場合には、大きなメリットがあります。個人事業の場合には、事業から得た所得は所得税の申告、会社設立後は法人の利益として法人税を申告する必要があります。代表者である社長は法人から役員報酬という給与をもらうことになります。この役員報酬は給与所得として課税されることになりますが、課税の際には給与所得控除が適用されるため、節税効果が期待できます。また、会社設立までは個人で負担していた社会保険料などの費用も、会社の費用とすることができます。会社設立後の2年間は、消費税の申告が不要となりますので、大きなメリットがあります。

専門家に相談する

会社を設立する際には、法律面や税金面での手続きや資本金などの出資などの費用が必要となります。これらの手続きについては自分で行うこともできますが、時間と労力を考えた場合には、費用はかかりますが専門家に依頼することが効率的です。会社を設立する場合には、会社の定款の作成、法務局への登記などの法律面の手続きが必要となります。これらの手続きについては、法律の専門家である司法書士や弁護士に依頼することが効率的です。会社設立の際には、本店所在地を管轄する税務署へ法人設立届け出や青色申告承認申請書などを提出する必要があります。税金面での手続きについては、税金の専門家である税理士へ相談することが効率的です。雇用保険や社会保険などに加入する場合には、社会保険労務士に相談することが効率的です。